• ninjabarier
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

  • ブログ感想やコメント等、大歓迎です。ご連絡は、こちらにメールをお送りください。 詳細は上記のAbout(プロフィール)をクリックいただき、プロフィールページの写真下の●の欄をご参照下さい。

免責事項・著作権

  • このサイト(ブログ)に記載される内容は、できるだけ正確を期すよう注意していますが、多分に、書き手の個人的な意見や思い込み・誤解を含む可能性がありますことをご承知おきください。また、記載内容によって生じたいかなる損害に関しても一切の責任を負いかねますのでご了承願います。
  • 当サイトでは、著作権や外部情報(個人情報含む)の取扱いには充分注意しておりますが、お気づきの点等がありましたらお知らせください。またこのサイトで公開されているコンテンツの著作権は全て当サイト管理者に帰属します(外部からそのまま引用した資料を除く)。このサイトに掲載されている画像・テキスト等の無断転載はご遠慮下さい。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

« CBD「名古屋議定書」発効へ | トップページ | 8月に夏休みを取りました »

2014年9月 3日 (水)

日経新聞記事「知財高裁など移転」

夏休みや業務の関係で、しばらくブログ更新が滞っておりました。夏の間にたまった分も含め、引き続きブログを書き進めていきたいと思います。

気がつけば、気候も、空の雲も秋らしくなってきました。

201409akisora


本日9月3日の日本経済新聞の朝刊一面の下の方に、下記のような記事がありましたので備忘として記録しておきます。以下に前半を抜粋します。

 「最高裁が「ビジネス裁判所」  
  
21年メドに新庁舎  知財高裁など移転
 最高裁は2021年をメドに、知的財産や破産などビジネスに関連した訴訟を専門に扱う裁判所庁舎を東京都内に新設する。東京・霞が関にある知的財産高裁や東京地裁の担当部門を移転。「ビジネス・コート」と位置づけ、遠隔地の法廷と結ぶテレビ会議などの設備も充実させて訴訟の迅速な処理につなげる。
 新庁舎の名称は「東京高地裁中目黒分室」。東京・中目黒にある関東信越厚生局の庁舎跡地(敷地面積約8千平方メートル)に、延べ床面積約1万5千平方メートルの大規模庁舎を建てる計画。15年度予算の概算要求に土壌の調査費などで約9千万円を盛り込んだ。・・・・。」 

 (2014/9/3日経新聞朝刊記事の記事抜粋)

 記事によれば、新庁舎に移転するのは、知財高裁に加えて、東京地裁の知的財産部、商事部(株主代表訴訟や会社更生手続きなどを主に扱う)、破産部だそうです。

 簡単に、場所を調べてみると、東急東横線の中目黒駅から目黒川沿いに数キロ下流側にいったところに、厚労省の遊休地があり、そこのようです(目黒区中目黒2丁目付近)。直ぐそばには自衛隊の目黒駐屯地があり、広大な国有地のある一帯の一部といった感じです。まわりは住宅が多いです。

 電車の最寄り駅は、東急東横線(及び東京メトロ日比谷線)の中目黒駅か、JR山手線の恵比寿駅あたりということになり、そこから、10~15分は歩く必要がありそうです。現在の霞ヶ関付近(駅から1分ほど)に比べると、大分、交通の便が劣ることは否めません。

 個人的におおよその土地勘はある辺りであることからしての感想は、本当にこんなところに移転するの?、といったところです。

 移転予定は7年も先の話らしいですし、記事をよく見れば、まだ調査段階と読むこともできますので、とりあえずは記録しておくことだけに止めておいて良さそうです。
                                                           以上 

---
ブログの目次へ

 

« CBD「名古屋議定書」発効へ | トップページ | 8月に夏休みを取りました »