• ninjabarier
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

  • ブログ感想やコメント等、大歓迎です。ご連絡は、こちらにメールをお送りください。 詳細は上記のAbout(プロフィール)をクリックいただき、プロフィールページの写真下の●の欄をご参照下さい。

免責事項・著作権

  • このサイト(ブログ)に記載される内容は、できるだけ正確を期すよう注意していますが、多分に、書き手の個人的な意見や思い込み・誤解を含む可能性がありますことをご承知おきください。また、記載内容によって生じたいかなる損害に関しても一切の責任を負いかねますのでご了承願います。
  • 当サイトでは、著作権や外部情報(個人情報含む)の取扱いには充分注意しておりますが、お気づきの点等がありましたらお知らせください。またこのサイトで公開されているコンテンツの著作権は全て当サイト管理者に帰属します(外部からそのまま引用した資料を除く)。このサイトに掲載されている画像・テキスト等の無断転載はご遠慮下さい。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

« EPO拡大審判部「ブロッコリ事件II」と「トマト事件II」の審決 -植物や植物部分の欧州での特許の可能性広がる(審決G2/12、G2/13) | トップページ | 新聞記事) 「機能性表示食品、第1弾まず8件・・・」 »

2015年4月10日 (金)

GIマーク(地理的表示に基づく登録標章)のデザイン公表

「地理的表示法」(平成27年6月1日施行予定)に基づいて登録された農林水産物等に付する「登録標章」(GIマーク)のデザインが決定・公表されました。

●農林水産省プレスリリース、平成27年4月10日
「地理的表示に基づく登録標章(GIマーク)の公表について」

http://www.maff.go.jp/j/press/shokusan/sosyutu/150410.html

GIマークは、地理的表示法に基づき登録された産品であって、その基準を満たしたものに地理的表示を付する際に一緒に付さなければならないとされています。GIマークの不正使用は、地理的表示法の規定に基づき罰せられることになります。

Gijpmark
 (出典:上記農水省プレスリリースより)

因みに、マークは、「このGIマークの信頼性を確保するため、国内及び海外の主な農林水産物の輸出先国において商標登録の出願をしております」(農水省)とのことです。

発表早々いうのも失礼かもしれませんが、ちょっと垢抜けない(いまいちな)感じがします。。。(海外での日本のイメージからの分かり易さを優先したのかもしれませんが。。。)



********************(2015/4/24追記)************************

●「地理的表示活用ガイドライン」 (農林水産省)
 (産地が地理的表示保護(GI)制度を導入し、GI制度をマーケティングの柱として活用するための指針となるよう、ポイントを整理したガイドライン)
 
http://www.maff.go.jp/j/shokusan/sosyutu/GI/pdf/guide.pdf

***********************************************************


以上

« EPO拡大審判部「ブロッコリ事件II」と「トマト事件II」の審決 -植物や植物部分の欧州での特許の可能性広がる(審決G2/12、G2/13) | トップページ | 新聞記事) 「機能性表示食品、第1弾まず8件・・・」 »