• ninjabarier
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

  • ブログ感想やコメント等、大歓迎です。ご連絡は、こちらにメールをお送りください。 詳細は上記のAbout(プロフィール)をクリックいただき、プロフィールページの写真下の●の欄をご参照下さい。

免責事項・著作権

  • このサイト(ブログ)に記載される内容は、できるだけ正確を期すよう注意していますが、多分に、書き手の個人的な意見や思い込み・誤解を含む可能性がありますことをご承知おきください。また、記載内容によって生じたいかなる損害に関しても一切の責任を負いかねますのでご了承願います。
  • 当サイトでは、著作権や外部情報(個人情報含む)の取扱いには充分注意しておりますが、お気づきの点等がありましたらお知らせください。またこのサイトで公開されているコンテンツの著作権は全て当サイト管理者に帰属します(外部からそのまま引用した資料を除く)。このサイトに掲載されている画像・テキスト等の無断転載はご遠慮下さい。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

« 【雑】 「アグリビジネス創出フェア2017」に参加してきました | トップページ | 海外品種登録出願説明会への参加 »

2018年1月30日 (火)

品種登録出願システム(電子出願・電子納付)の説明会

久しぶりの更新となりました。

先週26日に、農林水産省の主催の品種登録出願システムの説明があり参加してきました。

普段は、特許出願等について特許庁のインターネット出願のシステムに馴染みがありますが、それとは全く別に、品種登録出願について電子出願が可能なシステムが導入されることになりました。

説明会では、システムの概要、使い方などについて、詳しい説明がありました。

下記の図は、今回の説明会のものではなく少し前に資料にあったイメージ図です。

Denshisystemim2016

出典: 資料 「国内外における品種保護をめぐる現状」(農林水産省、平成28年12月9日)


次のような点が、今回の説明会で分かった点、気になった点です。

・今回、運用が開始されるシステムは、出願手続と、登録料の納付および登録維持年金の納付を電子化するシステムである。

・これまでの紙による出願手続も、電子化システムと併存させ、今後も利用可能。

・電子出願では、願書は、web上のシステムのサイトで表示される画面で入力する一方、説明書や写真はpdf化してアップロードする。

・委任状や譲渡証もpdfでアップロードする(原本提出不要)。

・農水省側からの発送書類(出願番号通知や拒絶理由通知書など)は、これまでどおり郵送される。
 特許庁のシステムのように発送書類は電子ルートで送られては来ない。

・自主補正書等の中間処理的な提出書類も、今後、電子ルートで提出可能になる予定。


・システムは24時間稼働。したがって、日付けかわるギリギリのタイミングでもその日の出願日で出願が可能となる。
 (これまでの紙での出願や書面提出は、到達主義の上に、窓口は午後5時半には閉まってしまうため、それ以降の時間でその日の手続は不可でした)。

・登録料納付や登録維持年金の納付については、納付したい登録番号の画面を呼び出したら、納付年度だけを操作して納付処理するだけで、料金の電子納付が完了できる。 操作が簡単で、誤記や、誤納付など間違いがし難くなるので、とても有用そうである。

・システムの運用開始は、予定(2月)より少し遅れ、3月末頃の予定。


・他にもいろいろありますが(資料が86枚もあります・・)、長くなるので以下省略。。。。


システムが実際に運用開始されましたら、積極的にいじってみたいと思います。

以上

« 【雑】 「アグリビジネス創出フェア2017」に参加してきました | トップページ | 海外品種登録出願説明会への参加 »